Waveメインページ > Used Instruments > used-tb-Boosey&Hawkes G-Bass Trombone


<B&H G-Bass Trombone / ブージー&ホークス G管バストロンボーン

England

この楽器はプロ奏者の試奏検品を受けています

Boosey & Hawkes G-Bass Trombone Imperial 4059
(USED/中古品)

G - D (C) / 8" Bell / Rotary Valve / 0.5265" Slide bore / Detachable slide handle / Original Mouthpiece

ビンテージ
WAVE 税込販売価格
¥348,840-

この楽器の製造年はおよそ1970年頃のようです

G管は特にイギリスで好んで使用されていたようで、

イギリスの作曲家ホルストはこの楽器を想定して

「惑星」を作曲したという記述があります。

少しでもこだわりを持った演奏スタイルを求める奏者たちへ。

もちろん現役のバストロンボーンとしてお勧めします!

試奏・検品レポート

東京フィルハーモニー交響楽団 バス トロンボーン奏者  石川 浩 氏

この楽器はとても珍しく、そして貴重な存在だと思います。正直言って私も今回初めて試奏する機会に恵まれました。
あくまでもG管のバストロンボーンです。ベルは8インチ、付属のマウスピースも感覚的なものですが4G~5Gサイズです。かつてのイギリスではG管のバストロンボーンを好んで使用していたようですが、現代の楽器と比較するとバスというより3番トロンボーン用の楽器であると感じました。重厚なサウンドというより明るく、反応の良い印象が強いです。その音色はとても魅力的であることは言うまでもありません。
ロータリーを引いたD管でも十分使用できる音色を持ち、抜けの良さも十分です。ppでの発音も問題なく反応の良いものですし、ffでも変な割れ方をする事も無く響きを保ってくれました。全体的に鳴りムラを感じません。さすがにC管のための抜き差し管を使用すると抵抗感の強い感じは否めません。
スライド用のハンドルを使用しないでスライディングする方が微妙なポジションの調整や使い勝手は良いのですが、私の腕の長さでは事実上6ポジションまでが限界です。どうしても7ポジションが必要な際にはスライドハンドルを使用した方が良いでしょう。
この楽器は製造年を考えると十分状態の良い楽器ではないかと思います。スライドなどは確かに修理された箇所が多いのですが、それでもきちんと調整されており、使用するにあたり問題なく良く滑ります。ロータリーも問題ありませんでした。貴重なG管をこの状態で手に入れることができることはなかなか難しいと思います。トロンボーンセクションでこのG管をこだわりを持って迎え入れることができたらそれは楽しいでしょう。ぜひホルスト「惑星」をこの楽器で奏でてほしいものです。

Used inst.のページへ >>

ご注文はこちらから>><<お問合せはこちらから


注意:waveホームページに掲載しておりますすべての写真に対し、コピー及び転写することは禁止させていただいております。

Copyright (c) Music Leading Wave Home all right reserved.