Waveメインページ > Used Instruments > used-tb-Alexander Bass Trombone


<Alexander Bass Trombone / アレキサンダー バストロンボーン>

Germany

この楽器はプロ奏者に試奏をして頂き感想を頂きました

Alexander Bass Trombone (USED/中古品)

Bb-F-Eb (D) / 24cm Yellow brass bell / offset W-rotary valve / Yellow slide / Long waterkey / Bell Kranz / with Snakes

ヴィンテージ
WAVE 税込販売価格
¥558,800-

Alexanderアレキサンダーのもつ高度な製造技術

理にかなったデザイン性。使いやすさにもこだわりを感じます。

後年改造やメンテナンスを受けていると思われますが、

ヴィンテージと考えられるこの楽器が良い状態でお届けできました。

試奏・検品レポート

バス トロンボーン奏者  村上 準一郎 氏

今回試奏したアレキサンダーは細めのボアと2番シャンクのマウスピース(いわゆる中細管)を使用する楽器ではありますが、れっきとしたバストロンボーンの部類のものです。ただし現代のバストロンボーンとは一線を画します。
まず、この楽器では現代の楽器のような大音量は得られません。過去にドイツではスモールバス、ビッグバスという考え方があり、元からそういったコンセプトで作られているのです。これはスモールバスに入り、第九やモーツァルトのレクイエムなどの合唱曲で大きなベルの現代のバストロンボーン(ビッグバス)で演奏すると合唱や管弦楽を邪魔してしまいますが、この楽器ですとなんの遠慮もなく演奏しても良いバランスを取ってくれます。
オールドスタイルのドイツ管の製造コンセプトは余分な響きを生まず、教会のように残響の豊かなコンサートホールの響きを味方にして輪郭の見えるクリアな音色、豊富な倍音による深みのある暖かな音色を持つことです。同じような目的で作られたロータリートランペット、ドイツ管トロンボーンで揃えたセクションでよく響くホールで演奏したらとても素敵なサウンドが生まれるでしょう。音楽のサイズと楽器のサイズが合致していることが大切ですし、更に響きをたっぷり持ったホールがあれば最高ですね。ホールも楽器の一部です。
この楽器からは金属の疲労を感じることは全くなく、現役の楽器であることは確かです。
この楽器の良さを十分に引き出すにはピッタリ合うマウスピースを選ぶ事が大切です。バストロンボーンとは言え大きすぎるカップ(内径27mm以上)はNGです。さらにシャンクのフィット感も大切です。今回の試奏にSchmidt中細管も試しましたが、シャンクのフィット感がイマイチでしたので、過去にSchmidt中細管5Wを元にYAMAHAで作ってもらったものが手元にあり、それが音程、音色、シャンクの全てがピッタリ合ったのでこの楽器のために提供しました。
この楽器はオフセットロータリーとしてBb-F-Ebが基本です。枝管が付いてくるのでD管でも使用する事ができるのですが、私はこのEb管が使いやすいし音色も良いので好きです。スライドポジションは一般的なドイツ管の持つポジションにセットされています。音程はとても良いと思います。スライドはロングウォーターキーがついているので自重があり、スライドワークは僅かに重ためです。でも楽器は軽めです。ヴァルブはオリジナルが1ローターだったものをオフセットの2ローターに変更された可能性もありますが、とても丁寧な仕上げですし楽器全体の作りが秀逸です。
この楽器のシェイプは音楽を奏でる良き道具としてだけではなく、見た目の芸術的美しさも兼ね備えています。今回もとても好印象の楽器を試奏する事が出来ました。
この楽器から生み出される音色を上手に生かしてこだわりを持って音楽を楽しめたら幸せだと思います。

Used inst.のページへ >>

ご注文はこちらから>><<お問合せはこちらから


注意:waveホームページに掲載しておりますすべての写真に対し、コピー及び転写することは禁止させていただいております。

Copyright (c) Music Leading Wave Home all right reserved.