Waveメインページ >music> cd-1st Voltage

- 1st Voltage -

Jazz Trombone Quartet VOLTZ

<<CD発売にあたってのインタビュー記事はこちらから>>

cd-voltz

1st Voltage

●1. Love Dance
●2. Paint It, Write Here
●3. Take The "A" Train
●4. Oblivion
●5. Makin' Whoopee
●6. It Might As Well Be Spring
●7. Stella By Starlight
●8. Spain
●9. 曇天模様の空の下
●10. Alfie
●11. Some Skunk Funk

(t.trb)三塚知貴、川原聖仁、榎本裕介、(b.trb)朝里勝久

アカペラ・アンサンブル至高の極み! トロンボーン4本のみで奏でられるグルーブ感溢れる世界。

ジャズやポップスのライヴシーンで活躍する4人により結成。2009年より活動をスタートする。ジャズ、ファンク、ボサノバ、ラテン等レパートリーは幅広く、リズムセクションが無くとも、そのグルーヴ感を表現する、新感覚のアカペラジャズトロンボーンアンサンブルとして、他にはないサウンドを作り上げている。


税込販売価格¥2,800-(郵送料・代引手数料¥350- 別)

ご購入はこちらから

Jazz Trombone Quartet VOLTZ "1st Voltage" 

                      <文章:三塚知貴>

2009年に結成してからこれまでに本当に色々なところでライブ活動をしてきました。それこそ日本各地のライブハウスで、地元の音楽ファンの方達に私たちVOLTZのサウンドを聴いていただけたと思っています。お陰様で各地にVOLTZのファンがいらっしゃいます。私たちはメンバー全員、普段から様々なライブシーンで演奏活動をして来ていますが、レコーディングの世界でも沢山の仕事をして来ています。そんな中で自分たちの組んだユニットのアルバムはぜひとも作りたいと切に願っていましたが、ようやくそれが実現したと思っています。 
voltz_studio

voltz_mitsuka

VOLTZではメンバー全員が曲を書きます。アレンジものもあれば自分たちだけのオリジナルものもあります。みんな自分たちVOLTZの事を熟知しているから、どういう曲をどう表現したらかっこ良くなるか知ってます。だから演奏していても楽しいですね。
そうやって書き溜めて来た曲をライブで皆さんに聴いていただいて来たのですが、今回のCDではその中から「これだけはどうしても聴いていただきたい!」と思ったものを中心に選びました。十分に楽しんでもらえるものと思っています!

voltz_kawahara

voltz_enomoto

トロンボーンカルテットというカテゴリーはクラシックの世界では確立されていますが、ジャズの世界ではあるようで無かったんです。音楽表現のすべてメロディー、ハーモニー、リズム、テンポ、グルーブ感などを4人で作り上げてゆきます。トロンボーンという楽器は例えばビッグバンドの中の位置づけとしてもサイドのセクションみたいなところがありますが、カルテットではそうはいきません。ですから私たちがカルテットを組んで学んだ事は普段のセクションでの仕事の時にとても生きて来ています。
それよりなによりカルテットは実に楽しいです。これは私たちだけでなく、出来れば多くのトロンボーン奏者にわかってもらいたいし、実際取り組んでもらいたいと思っています。

トロンボーンという楽器は男性ボーカルに近いとされています。管楽器でアカペラコーラスを表現するとこうなります! 例えば「テイク・シックス」のようなサウンドだとか。そんなところも聴いていただけると嬉しいですね。もちろんメンバーのソロも聴き所満載です。メンバーそれぞれの個性も感じ取ってもらえるのじゃないかと思っています。是非、多くの皆さんにVOLTZサウンドを楽しんでいただけたら嬉しいです。…♪

 

voltz_asari