Waveメインページ > Used Instruments > GETZEN 3047AF / 4047 Bell, Slide


<GETZEN Trombone / ゲッツェン トロンボーン>

U.S.A.

<完 売>

この楽器はプロ奏者の試奏検品を受けています

GETZEN Trombone 4047DS / 3047AF (New/特注品)

Bb-F / 4047DS Bell / 4047 Tuning Slide / 3047Axial Flow Valve / W-Edge Brace / Outer Slide Nickel-Basecrook / 3-Brass Pipes

WAVE特注品
WAVE 税込販売価格
¥550,000-

WAVEオリジナル特注品として入荷したモデルです

3047AFバルブをベースに、各部を4047DSパーツで構成しました。

唯一無二の仕様です。4047DSのアキシャルフローバルブを

望んでいた上級者にお勧めいたします。

既に3047AFをお持ちの方はベルやバルブセクション、

チューニング管、ベル等を組み合わせて更にカスタマイズも可能です。

試奏・検品レポート

東京交響楽団 首席トロンボーン奏者  鳥塚心輔 氏

GETZEN 4047DSベルにアキシャルフローバルブがセットされたモデルですが、バルブとスライドとのジョイント部分は3047仕様です。ですのでエドワーズや通常モデルの4047DSのスライドとは互換性がありません。また通常の4047DSのアウタースライドは先端クルーク部分がイエローブラス製のベースクルークですが、このスライドにはニッケル製のベースクルークが取り付けられています。このように仕様だけをみるとカタログ上には無い未知の世界のモデルではありましたが、試奏してみると組み上がったこの一本が素晴らしい楽器であった事に気付きました。
久しぶりにアキシャルフローバルブのワクワクするような楽器を吹いた気がします。低音域から高音域までストレス無い吹奏感が得られました。アキシャルフローバルブらしい広がり感のあるサウンドではありますが、音に密度があり、輪郭もはっきりしています。さらにどの音域においてもウォームな音色が得られる事が魅力的です。
ゲッツェンの通常モデルである3047AFと吹き比べてみましたが、そこにははっきりと差が見られました。このモデルはより上級者に対応してくれる楽器としての奥深さを感じさせてくれます。高いレベルでの奏者の要望に応えてくれます。そういった意味ではゲッツェンブランドではありますが、アキシャルフロー仕様の上級モデルのような存在です。もちろんプロ奏者が仕事の現場で十分愛用して行けるものですし、私自身この楽器の高い完成度に寄り添って吹いてみたい気持ちが湧き上がってきます。アキシャルフローバルブ好きの奏者に十分お勧めできる楽器でした。

Used inst.のページへ >>

ご注文はこちらから>><<お問合せはこちらから


注意:waveホームページに掲載しておりますすべての写真に対し、コピー及び転写することは禁止させていただいております。

Copyright (c) Music Leading Wave Home all right reserved.