Waveメインページ > Edwards-B454-HB


<Edwards Bass Trombone / エドワーズ バストロンボーン>

U.S.A.

この楽器はプロ奏者の試奏検品を受けています

Edwards Bass Trombone B454-HB (NEW/新品)

Bb-F-Gb-D / 1215CF Yellow Brass Bell / Axial Flow Valve B454-HB / Rose Brass & Thin Brace Tuning Slide BR-502 / Dual Bore Yellow Brass Slide with Nickel Crook BDBN30 / 8 Hamonic Pillars / 3 Brass Pipes #1, #2, #3

WAVE 税込販売価格
¥984,500-

圧倒的な支持を得ているエドワーズ アキシャルフローバルブ搭載の

バストロンボーンB454ですが、

今回は新たにハーモニックブリッジを新搭載したHBモデルのご紹介です

メーカーホームページ上でもまだ公開されていません。

試奏・検品レポート

シエナ・ウィンド・オーケストラ バストロンボーン奏者  山口 隼士 氏

まだアメリカでも正式発表されていないこのモデルを試奏する機会に恵まれてとても興奮します。私自身も普段同社のB454-Eを愛用しているので尚更です。
アキシャルフローバルブ搭載のB454らしいワイド感のあるサウンドに留まらず、さらにB502のテイストさえ持ち合わせたような魅力ある音色に魅了させられます。ダークなサウンドイメージから少しヨーロピアンな華やかさをプラスした印象と言えば良いでしょうか。サウンドに含まれる倍音に明るさを伴ったもので、最近の奏者の好みを反映しているようにさえ感じます。特に低音域の音色感は突出して良いものを感じました。
今回のこのモデルでは最近のエドワーズの看板でもあるハーモニックブリッジが組み込まれています。さらに支柱などにステンレス製の細めのものが採用されているなど、随所にその進化が見られます。それは吹奏感にも現れてきており、レスポンスの良さやバルブワーク時のコントロールのしやすさなどにも現れています。特にバルブを同時に使用した際では以前にも増してクリアな音色が容易に得られます。この楽器のバルブワーク時のバランスはとても高度に調整されていると言えるでしょう。
今回試奏させてもらったエドワーズの組み合わせとしては、とても良いチョイスであると言えそうです。トロンボーンセクションの中での低音域の支えとしてはもちろんその役割を充分に果たしてくれるのですが、ソロとしてこの楽器のサウンドの魅力を表現させてみたいと思わせてくれるものです。世界に先駆けてこの楽器を手にすることのできる奏者はとても幸せだと思います。

Used inst.のページへ >>

ご注文はこちらから>><<お問合せはこちらから


注意:waveホームページに掲載しておりますすべての写真に対し、コピー及び転写することは禁止させていただいております。

Copyright (c) Music Leading Wave Home all right reserved.